東海大学医学部専門診療学系
リハビリテーション科学
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
FAX 0463-95-8248
 
 
講 演

  • 第14回 日本臨床神経生理学会神経筋診断セミナー,2017年7月
    ◇学会セミナー・講演会
    ○児玉三彦 スキルアップハンズオン 絞扼性神経障害

  • 第54回 日本リハビリテーション医学会,2017年6月
    ◇ワークショップ
    ○児玉三彦 第5回リハビリテーション科医に必要な筋電図・臨床神経生理学〜実践!神経伝導検査〜

  • 第11回 日本リハビリテーション医学会専門医会,2016年10月
    ◇ワークショップ
    ○児玉三彦 第4回リハビリテーション科医に必要な筋電図・臨床神経生理学〜神経伝導検査の実際(上肢)〜

  • 第31回神奈川脳卒中カンファレンス 特別講演,2016年9月
    ◇教育講演
    ○豊倉穣 注意障害の見方,考え方

  • 小田原市緩和医療を考える会,2016年9月29日
    ◇学会セミナー・講演会
    ○霜田直史 がんのリハビリテーション

  • 第11回 臨床神経生理技術講習会・東京,2016年7月
    ◇ワークショップ
    ○児玉三彦 筋電図・神経伝導検査初心者コース

  • 第57回 日本神経学会総会,2016年5月
    ◇教育講演
    ○正門由久 脳卒中後疼痛

  • 第53回 日本リハビリテーション医学会学術集会,2016年6月
    ◇教育講演
    ○ 正門由久 神経生理学的検査〜伝導検査を中心に

  • Movement Disorders Teaching Course 2016年7月             
    By University of Medicine (1), Yangon, Myanmar, and Asian Oceanian Movement disorder society and Japan Society of Neurology
    ◇招待講演
    1. Botulinum Toxin - Injection method: electrophysiology
    2. Botulinum Toxin in the Movement Disorders Clinic (4) Lower Limbs (Case vignettes with videos)
    3. Botulinum toxin and Stroke Rehabilitation ?Future

  • 第10回 International Society of Physical & Rehabilitation Medicine, 2016年6月
    ◇招待講演
    ○Fujiwara T   HANDS therapy

  • 第53回 日本リハビリテーション医学会学術集会, 2016年6月
    ◇招待講演
    ○藤原俊之   脳卒中治療ガイドラインから読み解く新しい脳卒中リハビリテーションの流れ

  • 第3回 Stroke研究会2015, 2016年6月
    ◇招待講演
    ○藤原俊之  脳卒中急性期リハビリテーション

  • 第6回日本脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会, 2016年6月12日
    ◇パネルディスカッション
    ○古賀信太朗 スポーツ体験から学ぶ(水泳・ダイビング)

  • 第41回 日本脳卒中学会総会 2016年4月
    ◇教育講演
    ○藤原俊之 脳卒中リハビリテーションの進め方

  • 第1回 桜山リハビリテーション研究会 2016年3月
    ◇招待講演
    ○藤原俊之  脳卒中後運動機能障害に対する新しいリハビリテーション

  • 第2回日本ボツリヌス治療学会学術大会,2015年10月
    ◇招待講演
    ○正門由久 上肢・下肢痙縮に対するボツリヌス療法の状況と課題

  • 第45回日本臨床神経生理学会学術集会,2015年11月
    ◇招待講演
    ○正門由久 痙縮のメカニズムと評価

  • 第65回佐賀リハビリテーション研究会,2015年11月
    ◇招待講演
    ○正門由久 しびれる

  • 第9回秋田県運動器リハビリテーション研究会,2016年2月
    ◇教育講演
    ○正門由久 転倒とその予防

  • 第1回ボツリヌス治療ワークショップ,2016年3月
    ◇ワークショップ
    ○正門由久 痙縮に対するボツリヌス療法-その実際-

  • 第6回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会,2016年3月
    ◇シンポジウム
    ○正門由久 透析患者に合併する末梢神経障害の診断と治療

  • 京都リハビリテーション医学研究会、2016年2月7日
    ◇教育講演
    ○藤原俊之 脳卒中治療ガイドライン2015から読み解く新しいリハビリテーションの流れ

  • 岡山リハビリテーション講演会,2015年12月
    ◇パネルディスカッション
    ○豊倉穣 高次脳機能障害の診断:注意障害を中心に

  • 第10回 日本リハビリテーション医学会専門医会,2015年11月
    ◇ワークショップ
    ○児玉三彦 第3回リハビリテーション科医に必要な筋電図・臨床神経生理学〜神経伝導検査の実際(上肢)〜

  • 第10回日本リハビリテーション医学会専門医会2015年11月29日
    ◇セミナー
    ○藤原俊之  ハンズオンセミナー ボツリヌス治療

  • 第10回日本リハビリテーション医学会専門医会2015年11月28日
    ◇セミナー
    ○藤原俊之  ハンズオンセミナー 神経伝導検査の実際(下肢・後期応答)・針筋電図

  • 第33回日本神経治療学会2015年11月27日
    ◇シンポジウム
    ○藤原俊之  脳卒中片麻痺上肢機能障害に対するHANDS therapy

  • 第50回日本脊髄障害医学会2015年11月19日
    ◇シンポジウム
    ○藤原俊之  歩行機能再建への新たな試み

  • 第45回日本臨床神経生理学会2015年11月7日
    ◇セミナー
    ○藤原俊之 筋電図・神経伝導検査. 日本臨床神経生理学会認定医・認定技術師試験問題解説

  • 第45回日本臨床神経生理学会2015年11月5日
    ◇シンポジウム
    ○藤原俊之 歩行機能再建への新たな試み―Functional Assistive Stimulation (FAST) walk. 脳力を活かす革新的ニューロリハビリテーション

  • 東京都臨床検査技師会学術部生理検査研究班研修会,2015年9月
    ◇教育講演
    ○児玉三彦 実践 神経伝導検査〜こんな波形どう考える?〜 routineNCSと uncommon NCS

  • 東京都杉並区高次脳機能障害,講演会,2015年8月
    ◇シンポジウム
    ○豊倉穣 高次脳機能障害:診断と治療(失語症を含めて)

  • 第10回 臨床神経生理技術講習会・東京、2015年8月
    ◇ワークショップ
     ○児玉三彦 筋電図・神経伝導検査初心者コース

  • 清水医師会学術講演会 2015年6月
    ◇学会セミナー・講演会
     ○藤原俊之 脳卒中リハビリテーションの新しい流れ 教育講演

  • International Symposium on Magnetic Stimulation 2015年6月
    ◇シンポジウム
     ○Toshiyuki Fujiwara QPS for stroke patients

  • 第52回日本リハビリテーション医学会, 2015年5月
    ◇ワークショップ
      ○児玉三彦 リハビリテーション科医に必要な臨床神経生理〜筋電図・神経伝導検査の実際
      ○藤原俊之 ハンズオンセミナー リハ医に必要な臨床神経生理学 学会セミナー・講演会
      ○藤原俊之 ハンズオンセミナー HANDS therapy パネルディスカッション
    ◇学会セミナー・講演会
      ○藤原俊之 脳卒中リハビリテーションの新しい流れ

  • 第29回日本医学会総会、2015年4月13日
    ◇シンポジウム 
     ○藤原俊之 Hybrid Assistive Neuromuscular Dynamic Stimulation (HANDS) therapy. その他

  • ボツリヌス療法ハンズオンセミナーin福井、2015年4月11日
    ◇学会セミナー・講演会
     ○藤原俊之 痙縮に対するボトックス治療の実際・ハンズオンレクチャー

  • 第42回日本脳卒中学会総会、2015年3月26日
     ○Toshiyuki Fujiwara The mechanism of functional recovery induced with Hybrid Assistive   Neuromuscular Dynamic Stimulation (HANDS) therapy among patients with stroke.

  • 第1回再生医療とリハビリテーション、2015年3月14日
    ◇シンポジウム
     ○藤原俊之 脳卒中片麻痺上肢機能障害に対する新しい治療戦略 HANDS療法
  • 岡山リハビリテーション講習会 2015年3月
    ◇学会セミナー・講演会
     ○豊倉穣 高次脳機能障害の評価と対応:症例検討を含めて

  • 第38日本脳神経外傷学会シンポジウム 2015年3月
    ◇シンポジウム
     ○豊倉穣  軽微な注意障害を検出する目的で開発した二重課題の感度と妥当性:脳外傷例での検討

  • 神経難病地域リハビリテーション研修会,2015年2月
     ○荒巻晴道 嚥下障害への対応

  • 福岡県リハビリテーション講習会 2015年1月
    ◇学会セミナー・講演会
      ○豊倉穣   注意障害の評価と対応:事例検討を含めて

  • 第9回日本リハビリテーション医学会専門医会学術集会,鹿児島,2014年11月
    ◇ワークショップ
     ○児玉三彦 リハ専門医に必要な筋電図・臨床神経生理学〜神経伝導検査の実際 学会セミナー・講演 会

  • 佐賀県高次脳機能障害リハビリテーション講習会,2014年10月
    ◇ワークショップ
    ○豊倉穣 高次脳機能障害の諸問題と症例検討

  • "第9回 臨床神経生理技術講習会・東京,2014年8月 "
    ○児玉三彦 uncommon nerve conduction studies

  • 第51回 日本リハビリテーション医学会,2014年6月
    ◇シンポジウム
     ○豊倉穣:脳外傷後亜急性期のリハビリテーション:社会参加の向上に関する諸問題と高次脳機能障害.

  • 8th World Congress for Neurorehabilitation(Istanbul, 2014/4/9)
    ◇シンポジウム
     ○藤原俊之:「脳卒中片麻痺上肢に対する新しい治療戦略:HANDS therapy」

  • DRCMR(Danish Research Centre for Magnetic Resonance),2014年3月25日
    ◇招待講演
      ○藤原俊之:Centre for Functional and Diagnostic Imaging and Research

  • 第43回 日本臨床神経生理学会学術大会,2013年11月
    ◇シンポジウム
      ○正門由久:多彩化するボツリヌス虜法?正確で安全な治療のために? 成人痙縮のボツリヌス療法
    ◇教育講演
      ○正門由久:神経生理検査の基礎知識 筋電図検査に必要なME基礎知識?A/D変換、周波数設定な どについて
    ◇セミナー
      ○正門由久:脳卒中後遺症に対するボツリヌス虜法

  • 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会、2013年6月
    ◇教育講演
      ○正門由久:リハビリテーション医学に役立つ臨床神経生理学

  • 第5回宮崎リハビリテーション講習会, 2013
      ○豊倉穣:高次脳機能障害に対する考え方とその対応:注意障害を中心に.
  • 第42回 日本臨床神経生理学会学術大会,2012年11月
    ◇シンポジウム
      ○正門由久:痙縮治療と臨床神経生理学 ボツリヌス療法

  • 第49回 日本臨床神経生理学会技術講習会,2012年11月
      ○正門由久:診断の補助となる神経伝導検査
  • 第52回関東整形災害外科学会、2012年3 月
    ◇シンポジウム
      ○正門由久:高齢者の転倒とその予防

  • 日本リハビリテーション医学会 第3回病態別実践リハビリテーション医学研修会,2012
      ○豊倉穣:神経系障害
  • 長野県高次脳機能専門セミナー, 2012
      ○豊倉穣:注意障害とリハビリテーション.

  • 中郡医師会学術講演会,2011年11月
    ◇学会セミナー・講演会
    ○豊倉穣 脳卒中連携パス:維持期リハビリテーションにおける診療のポイント

  • 第48回日本リハビリテーション医学会学術集会.2011年
    ◇シンポジウム
    ○豊倉穣:注意障害:divided attentionを中心に.

  • 昭和大学神経研究会,2010年7月
    ◇その他
    豊倉穣 高次脳機能障害の評価と対応:注意障害を中心に

  • 第46回日本リハビリテーション医学会学術集会.2009.6(静岡)
    ◇シンポジウム
      ○豊倉穣:高次脳機能障害とその評価:「注意」障害を中心に
    ◇教育講演
      ○花山 耕三:運動単位疾患(motor unit disease)のリハビリテーション

  • 第45回日本リハビリテーション医学会学術集会.2008.6(横浜)
    ◇シンポジウム
      ○豊倉 穣,他:リハ医学会研修病院における初期臨床研修の実態:教育委員会によるアンケート調 査から
      ○花山耕三:リハビリテーション卒後教育における初期研修必修化の功罪;当院の現状と問題
    ◇パネルディスカッション
      ○霜田直史、笹尾ゆう、豊倉 穣:リハビリテーション難渋例の実践検討2-呼吸循環のハイリスク-リハ ビリテーションに苦慮した若年性肺気腫の1症例

  • 第38回日本神経生理学会学術大会.2008.11(神戸)
    ◇教育講演
      ○正門由久:筋・神経伝導波形の正常と異常
    ◇ワークショップ,問題症例の筋電図
      ○笠原隆、児玉三彦、儀間温子、小山祐司、花山耕三、豊倉穣、正門由久:手の痺れで発症し神経線維腫が疑われた1例

  • 研修会等
     ○花山耕三:第3回一般医家に役立つ呼吸器・心臓大血管のリハビリテーション研修会(日本リハビリテ ーション医学会主催).2009.2、東京
     ○花山耕三:第3回一般医家に役立つ脳血管障害等のリハビリテーション研修会(日本リハビリテーショ ン医学会主催).2008.9、東京
     ○小山祐司:「神経難病患者等の口腔リハビリテーション」口腔ケアによる口腔機能の維持、誤嚥性肺 炎予防の実際.在宅難病患者保健福祉従事者研修会講演(茅ヶ崎保健事務所),2008,神奈川