>
>
原著・著書・総説
 
東海大学医学部専門診療学系
リハビリテーション科学
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下糟屋143
FAX 0463-95-8248
 
 
原 著

 
  • Kodama M, Tochikura M, Shimoda N, Fujii C, Fujiwara T, Masakado Y:Premotor potential study for diagnosis of carpal tunnel syndrome , Tokai J Exp Clin Med 41: 101-107, 2016

  • Takashi Kasahara, Minoru Toyokura, Kayako Nitta, Hidenori Kanke, Yuji Koyama:Analysis the Effectiveness of Oral Massage Using Sono-elastography Neuroscience and Biomedical Engineering, 4(2), 120-124, 2016

  • Yamaguchi T, Fujiwara T, Tsai YA, Tang SC, Kawakami M, Mizuno K, Kodama M, Masakado Y, Liu M :The effect of anodal transcranial direct current stimulation and patterned electrical stimulation on spinal inhibitory interneurons and motor function in patients with spinal cord injury Exp Bain Res 234: 1469-1478, 2016

  • Toyokura M,Nishimura Y, Akutsu I,Watanabe F:Clinical significance of an easy-to-use dual task for assessing inattention Disability Rehabilitation (Epub ahead of print), 2016 Mar 17:1-8

  • Tanuma A, Fujiwara T, Yamaguchi T, Ro T, Arano H, Uehara S, Honaga K, Mukaino M, Kimura A, Liu M. :After-effects of pedaling exercise on spinal excitability and spinal reciprocal inhibition in patients with chronic stroke. Int J Neuroscience 2016 Feb15: Epub ahead of print

  • Kasahara T, Nitta K, Kanke H, Koyama Y, Toyokura M :A case of Sneddon's syndrome attempted the suicide due to progressive mental deterioration. Jacobs Journal of Psychiatry and behavioral science 2015,1(2):009

  • 豊倉穣:脳外傷後亜急性期のリハビリテーション:社会参加の向上に関する諸問題と高次脳機能障害

  • 藤原俊之, 園田 茂:脳卒中リハビリテーション Mebio 32: 74-79, 2015

  • Fujiwara T, Honaga K, Kawakami M, Nishimoto A, Abe K, Mizuno K, Kodama M, Masakado Y, Tsuji T, Liu M:Modulation of cortical and spinal inhibition with functional recovery of upper extremity motor function among patients with chronic stroke.  Restorative Neurology and Neuroscience 33: 883-894, 2015

  • Yamaguchi T, Fujiwara T, Tsai YA, Tang SC, Kawakami M, Mizuno K, Kodama M, Masakado Y, Liu M:The effect of anodal transcranial direct current stimulation and patterned electrical stimulation on spinal inhibitory interneurons and motor function in patients with spinal cord injury.Exp Brain Res (in press)

  • 笹尾ゆう,霜田直史,栃倉未知,栗原由佳,豊倉穣:脊髄硬膜動静脈瘻の1例 OURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2015:24(10);1052-1056

  • Kasuga S, Matsushika Y, Kasashima-Shindo Y, Kamatani D, Fujiwara T, Liu M, Ushiba J: Transcranial direct current stimulation enhances mu rhythm desynchronization during motor imagery that depends on handedness. Laterality : 10.108013576502014998679, 2015.

  • Kodama M, Tochikura M, Sasao Y, Kasahara T, Koyama Y, Aono K, Fujii C, Shimoda N, Kurihara Y, Masakado Y: What is the most sensitive test for diagnosing carpal tunnel syndrome? Tokai J Exp Clin Med 2014; 39; 172-177

  • Kasashima-Shindo K, Fujiwara T*, Ushiba J, Matsushika Y, Kamatani D, Oto M, Ono T, Nishimoto A, Shindo K, Kawakami M, Tsuji T, Liu M: Brain-computer interface training combined with transcranial direct current stimulation in patients with chronic severe hemiparesis: proof of concept study. J Rehabil Med 47: 10.2340165019771925, 2015. *corresponding
  • Uchikawa K, Inaba M, Kagami H, Ichimura S, Fujiwara T, Tsuji T, Otaka Y, Liu M: Executive dysfunction is related with decreased frontal lobe blood flow in patients with subarachnoid haemorrhage. Brain Inj 28: 15-19, 2014.

  • Ono T, Shindo K, Kawashima K, Ota N, Ito M, Ota T, Mukaino M, Fujiwara T, Kimura A, Liu M, Ushiba J: Brain-computer interface with somatosensory feedback improves functional recovery from severe hemiplegia due to chronic stroke. Front Neuroeng 7: 10.33892014000192014, 2014.

  • Mukaino M, Ono T, Shindo K, Fujiwara T, Ota T, Kimura A, Liu M, Ushiba J: Efficacy of brain-computer interface-driven neuromuscular electrical stimulation for chronic paresis after stroke. J Rehabil Med 46: 378-382, 2014.

  • 古賀信太朗,古川俊明,栃倉未知,正門由久:高齢者の嚥下障害と大脳白質病変について JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2014:23(11);1126-1129


  • Takemi M, Masakado Y, Liu M, Ushiba J.:Event-related desynchronization reflects downregulation of intracortical inhibition in human primary motorcortex. J Neurophysiol. 2013 ;110:1158-66.

  • Takemi M, Masakado Y, Liu M, Ushiba J.:Is event-related desynchronization a biomarker representing corticospinal excitability? Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 2013;2013:281-4.

  • Aono K, Miyashita S, Fujiwara Y, Kodama M, Hanayama K, Masakado Y, Ushiba:J.Relationship between Event-related Desynchronization and Cortical Excitability in Healthy Subjects and Stroke Patients. Tokai J Exp Clin Med. 2013;38:123-8.

  • Aono K, Kodama M, Masakado Y, Muraoka Y.:Changes in cortical excitability during and just before motor imagery. Tokai J Exp Clin Med. 2013;38:1-6.

  • Toyokura M, Nishimura Y, Akutsu I, Mizuno R, Watanabe F:Selective deficit of divided attention following traumatic brain injury: case reportsSelective deficit of divided attention following traumatic brain injury: case reports. Tokai J Exp Clin Med 2012;37(1):19-24

  • Toyokura M:Within-subject consistency of sympathetic-skin-response waveform across different modalities of stimulation. Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical 2012;169:135-139

  • Hyodo M, Saito M, Ushiba J, Tomita Y, Minami M, Masakado Y:Anticipatory postural adjustments contribute to age-related changes in compensatory steps associated with unilateral perturbations.Gait & Posture 2012;36:625-630

  • 豊倉穣:注意障害:divided attentionを中心に. リハ医学 2012;49(5):206-209

  • 栃倉未知,児玉三彦,正門由久:症例から学ぶ臨床神経生理学 1.末梢神経障害 1)上肢1 総合リハビリテーション 2013;41:41-46

  • 儀間 温子,青野 宏治,伊藤 大起,霜田 直史,豊倉 穣:一側下肢の失行症状を伴った脳梁離断症候群の一例.JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2012;21:317-320

  • 栃倉 未知、児玉 三彦、笠原 隆、笹尾 ゆう、小山 祐司、藤井 智恵子、菅谷 睦、花山 耕三、正門 由久、小林 由香:手根管症候群の神経伝導検査における各種検査法の感度の比較.総合リハビリテーション 2012;40:67-73

  • Kasahara T, Terasaki K, Ogawa Y, Ushiba J, Aramaki H, Masakado Y. The correlation between motor impairments and event-related desynchronization during motor imagery in ALS patients. BMC Neurosci. 2012 Jun 15;13:66. [PubMed - in process]

  • Hyodo M, Saito M, Ushiba J, Tomita Y, Minami M, Masakado Y. Anticipatory postural adjustments contribute to age-related changes in compensatory steps associated with unilateral perturbations. Gait Posture. 2012 Jul;36(3):625-30. Epub 2012 Jul 10. [PubMed - in process]

  • Kodama M, Sasao Y, Tochikura M, et al. Premotor potential study in carpal tunnel syndrome. Muscle Nerve 2012;46:879-84.

  • Masakado Y, Kodama M, Takahashi O, et al. The origin of the premotor potential recorded from the second lumbrical muscle in normal man. Clin Neurophysiol 2011,122; 2089-92.

  • Kodama M, Kasahara T, Hyodo M, et al. The effect of low frequency rTMS combined with physical therapy on L-dopa?induced painful off-period dystonia in Parkinson's disease: a case report. Am J Phys Med Rehabil 2011,90; 150-5.

  • Kodama K, Kasahara T, Hyodo M, Aono K, Sugaya M, Koyama Y, Hanayama K,Masakado Y :Effect of low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation combined with physical therapy on L-dopa-induced painful off -period dystonia in Parkinson's disease.American Journal of Physical Medicine and Rehabilitation 2011 ; 90 :150-155

  • 伊藤 大起,霜田 直史,豊倉 穣:Foix-Chavany-Marie 症候群による嚥下障害を呈した1例 JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2011;20:790-793

  • 古賀 信太朗,児玉 三彦,正門 由久,相原 陽子,磯谷 誠:乳癌術後リンパ浮腫への弾性スリーブ着用により問題が生じた一例 JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2011:20;1128-1186

  • 児玉 三彦,上田 美枝,正門 由久:リハビリテーションと医療安全2 感染予防対策 スタンダードプリコーション,機器,マスク等 JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2011;20:862-866

  • 児玉 三彦:講座 磁気刺激の治療応用4 リハビリテーション科領域 総合リハビリテーション 2011;39:in press

  • Koyama Y, Kodama M, Shimoda N, Aono K, Toyokura M, Masakado Y :Suprahyoid muscles motor evoked potentials in response to transcranial magnetic stimulation.The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine 2010 ; 70-77

  • Toyokura M, Kobayashi R, Aono K :A case of pure agraphia due to left thalamic hemorrhage.The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine 2010 ; 35 :89-94

  • Furukawa T, Toyokura M, Masakado Y :Suprathreshold 0.2 Hz Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation(rTMS) Over The Prefrontal Area.The Tokai Journal of Experimental and Clinical Medicine 2010 ; 35 :29-33

  • 児玉 三彦,正門 由久:筋電図・神経伝導検査の基礎シリーズ( 検査編) 神経伝導検査:uncommon nerve conduction study(NCS)─上肢.臨床神経生理学 2010;38:406-415

  • 豊倉 穣:高次脳機能障害とその展開─注意障害を中心に─.リハビリテーション医学 2010;47:359-364

  • 市川 毅, 霜田直史, 笹生ゆう, 木村雅彦, 笹沼和利, 豊倉 穣:若年発症の慢性閉塞性肺疾患患者に対するリハビリテーションの経験ー呼吸困難感に着目して. 総合リハ 2010;38(7):685-689
著書・総説

 
  • 児玉三彦:Neuromoduration ,カレントテラピー 2017:35(6);89

  • 児玉三彦,正門由久:ニューロリハビリテーションの進歩 疾病への応用 末梢神経障害 ,Crinical Neuroscience 2017:35(5);606-608

  • 児玉三彦:外傷性・絞扼性末梢神経障害,リハビリテーションにおける評価 Ver.3. 医歯薬出版, 276-283, 2016

  • 笠原 隆:リハビリテーション医学 Q&A−専門医を目指して,医歯薬出版株式会社

  • 豊倉穣:ニューロパチー,ギラン・バレー症候群等 リハビリテーションにおける評価 Ver.3,医歯薬出版,249-262,2016

  • 豊倉穣:自律神経 ここが知りたい臨床神経生理,中外医学社,206-214,2016

  • 豊倉穣:注意障害 高次脳機能障害のリハビリテーション 実践的アプローチ 第3版,医学書院,64-95,2016

  • 正門由久:神経生理学とリハビリテーション概論 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 53:428-433,2016

  • 藤原俊之:内部障害 3)呼吸器疾患 最新リハビリテーション医学.医歯薬出版, 337-345, 2016

  • 藤原俊之:HANDS therapy ニューロリハと理学療法. 三輪書店, 46-52, 2016

  • 正門由久:リハビリテーションのための臨床神経生理学. 中外医学社,

  • 正門由久:リハビリテーション医学評価としての電気生理学 リハビリテーション医学 2015:52(6);331-334

  • 正門由久:神経科学の最前線とリハビリテーション. 医歯薬出版,

  • 正門由久:神経生理検査症例集 2015. じほう

  • 正門由久:神経生理検査技術教本 2015. じほう

  • 青野宏治:じゃーなる・あらかると リハビリナース ほすぴたる らいぶらりあん 2015:40(2・3);140-141

  • 児玉三彦:入門講座 最近の臨床神経生理学1 末梢神経における診断・評価;総合リハ 2015:43(5);443-451

  • 藤原俊之: 脳卒中ガイドラインと装具のかかわり;日本義肢装具学会誌 31: 149-151, 2015.

  • 藤原俊之:脳卒中リハビリテーション;脳神経外科 43: 657-661, 2015.

  • 豊倉穣:自律神経;リハビリテーションのための臨床神経生理学.中外医学社 153-165,2015

    藤原俊之 HANDS療法  ニューロリハビリテーション 医学書院、 199-206, 2015

  • 藤原俊之 経頭蓋直流電気刺激の臨床応用. リハビリテーションのための臨床神経生理学. 中外医学社, 148-152, 2015.

  • 藤原俊之 筋電図 神経科学の最前線とリハビリテーション. 医歯薬出版, 76-79, 2015

  • 藤原俊之、補永 薫 磁気刺激 神経科学の最前線とリハビリテーション. 医歯薬出版, 80-83, 2015.

  • 山口智史, 藤原俊之 電気刺激 神経科学の最前線とリハビリテーション. 医歯薬出版, 146-148, 2015.

  • 藤原俊之 各種治療の使い分けと適応判断 神経科学の最前線とリハビリテーション. 医歯薬出版, 168-169, 2015.

  • 藤原俊之 HANDS therapy 神経科学の最前線とリハビリテーション. 医歯薬出版, 195-198, 2015.

  • 古賀信太朗、児玉三彦 リハビリテーションのための臨床神経生理学 U神経生理各論 5.磁気刺激 C磁気刺激の臨床応用 中外医学社、P126-134、2015

  • 古賀信太朗 ニューカマーリハ科専門医 JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2015:24(6);587

  • 兵頭昌樹, 正門由久 脳・神経のリハビリテーション 重複障害のリハビリテーション Rehabilitation for Multimorbidity and Multiple Disabilities(MMD), 三輪書店, 東京, 2015, pp

  • 豊倉穣:注意障害 総合リハ,2015;43:1011-1020

  • 児玉 三彦 手根管症侯群 Medical Technology 2014;23:147-153

  • 児玉 三彦 特集 I.経頭蓋磁気刺激の臨床応用update 反復経頭蓋磁気刺激による片麻痺上肢機能障害の治療 神経内科 2014;80:330-335

  • 児玉 三彦 T.臨床神経生理学的検査 神経伝導検査:uncommon study MEDICAL REHABILITATION リハビリテーションにおける臨床神経生理学.(正門由久 編).全日本病院出版,東京,2014;pp9-17

  • 藤原俊之, 里宇明元: 電気刺激療法:HANDS療法. 神経疾患 最新の治療2015-2017. 南江堂, 72-74, 2015.

  • 藤原俊之: HANDS療法BMIを用いた上肢訓練の効果. Modern Physician 34: 807-811, 2014.

  • 藤原俊之, 山口智史: 機能回復に対するリハビリテーションの新しい流れ. 脊椎脊髄ジャーナル 27: 451-454, 2014.

  • 藤原俊之: 脳卒中のリハビリテーション. リハビリテーション医学 52: 20-23, 2015.

  • 藤原俊之: 頻度の高い疾患における検査の進め方と注意点 糖尿病性神経障害. Medical Technology 43: 154-157, 2015.

  • 豊倉穣,古野薫:自律神経検査. Monthly Book Medical Rehabilitation 166:50-58;2014

  • 正門由久:神経伝導検査ポケットマニュアル.正門由久、高橋修(編),医歯薬出版、2013

  • 正門由久:脳卒中のリハビリテーション. 公益法人社団法人 日本リハビリテーション医学会編:リハビリテーション医学白書,医歯薬出版,2013、pp162-70

  • 正門由久:ボツリヌス治療の現状と課題、 木村彰男、正門由久、大田哲生編:ボツリヌス治療、診断と治療社、2013,pp2-14

  • 正門由久:下肢の絞扼性神経障害に対する神経生理学的検査?総腓骨神経麻痺を中心に 日本臨床神経生理学会 筋?末梢神経電気診断技術向上委員会 認定委員会(編):神経筋電気診断を基礎から学ぶ人のために、2013、pp153-8

  • 正門由久:筋電図に必要なME基礎知識. 日本臨床神経生理学会 筋?末梢神経電気診断技術向上委員会 認定委員会(編):神経筋電気診断を基礎から学ぶ人のために、2013、pp81-7

  • 正門由久:筋電図検査に必要なME基礎知識 臨床神経生理学41:180-186,2013

  • 正門由久:脳卒中上下肢痙縮に対するボツリヌス療法 痙縮の病態生理 The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 50:505-510,2013

  • 正門由久:診察のポイント MEDICAL REHABILITATION 増刊 163:4?8、2013

  • 正門由久:リハビリテーション医療と臨床検査のかかわり Medical Technology 41:484-489,2013

  • 豊倉穣:注意とその障害. 精神科 2013;23(2):152-162

  • 豊倉穣:疾患・障害編 前頭葉障害. (伊藤利之・他,編)今日のリハビリテーション指針. 医学書院, 東京, 2013 pp79-82

  • 豊倉穣:評価法編 記憶障害. (伊藤利之・他,編)今日のリハビリテーション指針. 医学書院, 東京, 2013 pp441-443

  • 豊倉穣:評価法編 前頭葉障害. (伊藤利之・他,編)今日のリハビリテーション指針. 医学書院, 東京, 2013 pp445-447

  • 西村葉子, 阿久津伊織, 豊倉穣:注意障害. 臨床リハ 2013;22(11):1084-1091

  • 豊倉穣:前頭葉障害. (伊藤利之・他,編)今日のリハビリテーション指針. 医学書院, 東京, 2013 pp79-82

  • 豊倉穣:記憶障害. (伊藤利之・他,編)今日のリハビリテーション指針. 医学書院, 東京, 2013 pp441-443

  • 豊倉穣:前頭葉障害. (伊藤利之・他,編)今日のリハビリテーション指針. 医学書院, 東京, 2013 pp445-447

  • 古野薫:【もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーション評価のコツ】 神経筋疾患(症例72) ギラン・バレー症候群(解説/特集). Monthly Book Medical Rehabilitation 163:328-331;2013

  • 荒巻晴道:【もう悩まない!100症例から学ぶリハビリテーション評価のコツ】 神経筋疾患(症例73) 筋萎縮性側索硬化症(ALS)(解説/特集). Monthly Book Medical Rehabilitation 163:332-335;2013

  • 兵頭昌樹、正門由久:随意性のある手指に対して施注筋・投与量を工夫した治療. (木村 彰男 監修)脳卒中上下肢痙縮 Expert ボツリヌス治療 -私はこう治療している-. 診断と治療社,2013 pp42-48 

  • 正門由久:第6章 脳血管障害. 伊藤利之他(編);標準リハビリテーション医学.医学書院、2012、pp304-23

  • 正門由久:筋電図のための基礎知識 運動単位の動員と発射頻度 Medical Technology 40: 787-791,2012

  • 正門由久:ボツリヌス治療とリハビリテーション MEDICAL REHABILITATION 44:61-66、2012

  • 正門 由久:リハビリテーションの原点 リハビリテーション医 総合リハ 40:436-439,2012

  • 正門由久:整形外科 知ってるつもり 最近の筋電図診断 臨床整形外科 46:1018-1021,2011

  • 正門 由久, 目崎 高広, 中馬 孝容, 菊地 尚久: 痙縮のマネージメント 日本医事新報4538:C1-C7,2011

  • 豊倉穣:心理検査. (上田敏・他,編)標準リハビリテーション医学,第3版. 医学書院, 東京, 2011, pp141-147

  • 高倉一郎, 豊倉穣:VREのアウトブレイクを経験して.臨床リハ 2011;21(2):163-164

  • 児玉 三彦:骨関節疾患.リハビリテーション評価ポケットマニュアル.(正門 由久 編).医歯薬出版,東京,2011 ;pp 236-253

  • 小山 祐司:口腔底癌術後の嚥下障害治療の患者.事例でわかる摂食・嚥下リハビリテーション 現場力を高めるヒント.(出江 紳一,近藤 健男,瀬田 拓 編集)中央法規,東京,2011;pp122-124

  • 小山 祐司:頸椎骨棘による嚥下障害が改善した患者.事例でわかる摂食・嚥下リハビリテーション 現場力を高めるヒント.(出江 紳一,近藤 健男,瀬田 拓 編集)中央法規,東京,2011;pp105-106

  • 花山 耕三:呼吸・循環器疾患.正門 由久(編著):リハビリテーション評価ポケットマニュアル.医歯薬出版,東京,2011;pp284-289

  • 正門 由久, 牛場 潤一:【BMIとリハビリテーション】 現在と未来 総合リハ 38:1019-1024,2010

  • 正門 由久:痙縮に対するリハビリテーション 分子脳血管病 9:474-477,2010

  • 豊倉穣:注意障害. (正門由久・他,編)リハビリテーション評価ポケットマニュアル. 医歯薬出版,東京, 2010, pp61-69

  • 笠原 隆,正門 由久:成人の痙縮. 神経疾患のボツリヌス治療.(梶 龍兒,目崎 高広 編).診断と治療社,東京,2010; pp65-80

  • 豊倉 穣:注意障害.急性期から取り組む高次脳機能障害リハビリテーション(河村 満 編).メディカ出版,大阪,2010;pp 215-226

  • 花山 耕三:神経筋疾患の新しいリハビリテーション;筋ジストロフィー.上月 正博,芳賀 信彦,生駒 一憲(編集主幹):先端医療シリーズ40.リハ医とコメディカルのための最新リハビリテーション医学.先端医療技術研究所,2010;pp180-184

  • 日原 信彦:はじめてみよう からだの療育. 発達障がいと子育てを考える本 1 はじめてみよう からだの療育 自閉症スペクトラムを中心に.(日原 信彦・中山 修 監修).ミネルヴァ書房,東京,2010

  • 日原 信彦:はじめてみよう て・ゆびの療育. 発達障がいと子育てを考える本 3 はじめてみよう て・ゆびの療育 自閉症スペクトラムを中心に.(日原 信彦・中山 修 監修).ミネルヴァ書房,東京,2010

  • 日原 信彦:自閉症スペクトラム(ASD)のリハビリテーション科臨床実学. Monthly Book MEDICAL REHABILITATION No.125.(日原 信彦 編集) .全日本病院出版会,,東京,2010

  • 正門 由久:神経生理学的検査.リハビリテーションレジデントマニュアル第3版.(木村 彰男編).医学書院,東京,2010 ;pp73−85

  • 正門 由久:排尿障害の診断・評価.リハビリテーションレジデントマニュアル第3版.(木村 彰男編).医学書院,東京,2010 ;pp62-65

  • 正門 由久:排尿障害.リハビリテーションレジデントマニュアル第3版.(木村 彰男編).医学書院,東京,2010 ;pp253-257

  • 正門 由久:介護保険.リハビリテーションレジデントマニュアル第3版.(木村 彰男編).医学書院,東京,2010 ;pp419-425

  • 正門 由久:痙縮の病態生理.痙縮のボツリヌス治療−脳卒中のリハビリテーションを中心に−.(木村彰男編).診断と治療社,東京,2010 ;pp8−18

  • 正門 由久:リハビリテーション評価ポケットマニュアル.2010