研究・業績紹介

研究・業績紹介

学会発表[2019]

  • 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
    ○豊倉 穣
    高次脳機能障害者に対する実車を用いた自動車運転のためのリハビリテーション治療の効果:予備的検討
     

  • 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
    ○児玉 三彦、古賀 信太朗、正門 由久
    書痙に対する4連発磁気刺激の有効性単一症例での検討
     

  • 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
    ○笠原 隆、杉本 彩歌、古賀 信太朗、藤井 智恵子、児玉 三彦、正門 由久
    顔面神経麻痺後病的共同運動による麻痺側頬筋の硬度評価
     

  • 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
    ○杉本 彩歌、古賀 信太朗、藤井 智恵子、笠原 隆、児玉 三彦、正門 由久
    嚥下造影検査を契機とした精査で先天性十二指腸狭窄症が明らかとなったダウン症候群の5歳児の1例
     

  • 第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
    ○原嶋 渉、小松 典子、青野 宏治、正門 由久
    回復期に中枢性低換気を呈した片側延髄外側梗塞の1例
     

  • The 13th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine,2019
    ○Yoshihisa Masakado,Andrzej Dekundy,Angelika Hanschmann
    IncobotulinumtoxinA is efficacious and well-toleratedin Japanese patients with post-stroke upper limb spasticity: A prospective, double-blind, placebo-controlled, randomized, multi-center study
     

  • The 13th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine,2019
    ○Nobutaro Koga,Tomohisa Ishihara,Takashi Towata,Koki Hatakeyama,Yuki Sato,Yoshihisa Masakado
    Dysphagia in supratentorial acute small subcortical infarction: Relationship with volumetry of cerebral white matter lesion using image processing software

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143

TEL 0463-93-1121(内線2485)/FAX 0463-95-8248

Copyrights (C) 東海大学医学部専門診療学系 リハビリテーション科学.All rights reserved.